デジカフェはもはや、大手出会い系サイトの範疇(はんちゅう)に入ると言っていいと思います。

僕は安全のため、何より実際の出会いが欲しいので、大手出会い系しか使わないようにしています。

それで以前はデジカフェを敬遠していましたが、今ではデジカフェならではと感じることもあるので、積極的に使っています。

そんな僕が、今一番気に入っているデジカフェの機能は、日記機能です。

他の出会い系サイトにも日記機能はもちろんありますが、デジカフェは女の子が気軽に書ける点が、優っていると思いますね。

その日あった出来事を、身辺雑記的に書く女の子が多いのがデジカフェの特徴です。

書き込んでいる話題が身近だから、こちらとしても返事が書きやすいのもメリットです。

要するに、日記から入って行って、親しみを増しやすいわけです。

それで特に趣味が合う子だと、自然な感じでコンタクトが取れるので、メールのやり取りに不自然さがなくなります。僕は出会い系をしていながら、ネトナンは苦手な方です。

なにが苦手かというと、不自然に作為的なメールを出すことが好きじゃないんです。苦痛ですらあるんですね。

それで一度は出会い系を止めようとしたこともあるんですが、デジカフェの日記のおかげで、それからは自然にメールが出せるようになって、再び自信を取り戻したようなところがあります・・・・

前置きが長くなりましたが、僕がこのデジカフェの日記で知りあったのは、趣味が同じカフェ巡りのNさんでした。

Nさんは隣県に住むシングルマザーで、週末になると僕の住む街までサイクリング車でやってきて、必ず行く商店街を冷やかした後、自宅に戻る前に寄るのが、僕もよく知る地元では有名なカフェだったんです。

日記とメールでそうしたやり取りをしたあとだったので、会う約束を取り付けることは簡単でした。

むしろ、自然な感じで会いましょうという話になりました。

それで日記で知り合ってから一月半ぐらいした土曜日の午後3時、家から歩いていけるカフェの前で待ち合わせることにしたんです。

僕は時間より早く店に着いていたので、店の中から外を見ていると、日記に書いていたスポーツ車が店の前に停まり、サイクリストの格好で決めたNさんが自転車を降りました。

スポーティな格好のせいか、30歳にはとても見えない若々しさです。

僕が店から出るとちょうど、ヘルメットを脱ごうをしていたNさんと顔が合い、すぐ挨拶しました。

店の中では懇意のマスターと一緒に、地元の話で盛り上がり、とても今会ったばかりとは思えない親しみを感じながら、いろいろ話が出来たのはきっと、デジカフェの日記を読んでいたからだと思います。

週末の趣味や嗜好を知っているから打ち解け合うのも早く、メールでお互いの身の上も話していたから一層、親近感も湧いたのだと思います。

約束の時間を過ぎて別れるときはもう、まるで親しい友達というより恋人気分でした。

僕は最初に会った日には、ホテルに行かない主義です。

必ず余韻を楽しんでから、改めてその日を待つことにしているんです。

Nさんとのその日は、いずれ来ます。何故ならその後も、デジカフェの日記は読み続けていて、メールも交換しているからです。焦る必要など何も感じていません。

こういう出会いが出来るのも、デジカフェならではと感謝しています。

・使ったサイト:デジカフェ

【埼玉県・32歳・飲食業の出会い系サイト体験談】