栃木 ワクワクメール

【栃木でワクワクメールを使ってみた】

掲示板機能から気になった女性のプロフィールを見てはメッセージを送ることをしていたのですが、簡単な挨拶程度で終わってしまうことが多い中、自分の住んでいる栃木県の女の子と仲良くなることができました。

彼女は2年前まで東京で働いていたのですが、実家の都合で栃木に戻ってきたからは仕事もしないで暇を持て余していたようでした。

働いていた地域が近かったこともあり、ランチや飲みに行くお店で共通点があったことが良かったのか、話題に事欠きませんでした。

サイトでのやり取りは2日間していたのですが、ポイントを追加で購入しようか考えていたときにLINE交換してほしいことを頼んでみました。

彼女はすんなりオーケーしてくれたので、お互いにLINEアカウント(ID)を交換して連絡をとることにしました。

LINEでは、おはようからおやすみまで、彼女の存在が普段の生活の一部として入り込んできました。

ランチのお店や料理を写メで送ると、懐かしいなと感想を書いてきたり、同僚と飲みに行くと書いて送ると、夜待っているから飲み過ぎないでねと返してくれたり、気分のいい日が続きました。

LINEを続けて4日目、こちらの状況を懐かしむあまり遊びに来たかったのか、そっち行こうかな…とメッセージが送られてきました。

自分としてはもちろん嬉しかったので、いつでも来ていいよとすぐに返信しました。

会う約束をとる!ほんとに栃木でも出会えるのか?

栃木 ワクワクメール

日付を決めていると、平日でもいい?と彼女が聞いてきたので、有休使うから大丈夫だよと答えました。

平日に会いたいというのが少し気になりましたが、彼女と会えることが大事だったので、次の日会社へ有休申請して約束の日に会えるようにしました。

彼女が電車で降りる駅近くの待ち合わせ場所にいると、ブラウスと裾が広がったパンツ姿の可愛らしい女性が声をかけてきました。

「初めまして」と私を見た彼女の顔は、少し化粧が濃いようにも見えましたが、大きな瞳が印象的ですぐに好感を持ちました。

「どこ行きたい?」と私が尋ねると、「この前教えてくれた散歩コースがいいな」と答えてきました。

賃貸マンションに一人で住んでいるのですが、そこのそばに川が流れていてテラスをよく散歩すると言うと羨ましそうにしてきたことを思い出しました。

電車で移動した後、そのテラスへ案内して二人で会話を楽しみながら歩きました。

途中に食事ができるカフェがあり、彼女を誘って窓から川が見える席に座りました。

「実際に歩いてみてどう?」と私が聞くと、「すごく気分いい、連れてきてもらってよかった」と答えてくれて嬉しく思いました。

カフェを出た後もしばらく歩いていたのですが、「あまりタイプじゃなかったら…今日帰ろうと思っていた」とふいに言ってきました。

「じゃ、タイプってこと?」と私が聞き返すと、「まだ分かんないかな、でも明日からの土日で決めるね」と笑顔で答えてきました。

彼女が平日の金曜日を指定してきた理由が分かり、自分と長く居てくれると言ってくれたことで彼女への想いが大きくなりました。

その日の夜、初めて会った彼女を自分の部屋へ誘いました。

「どうして?」と聞く彼女へ、「うまく言えないけど、このまま別れたくない」と答えると、何も言わずに小さくうなずいて手を握ってきました。

彼女とは日曜日まで一緒に過ごすことができました。

日曜の夕方、すぐに会う約束して駅まで送り初めてのデートが終わりました。

彼女との交際は続いています。

今では彼女の住む宇都宮へ通うようになりました。

・使ったサイト:ワクワクメール

【栃木県鹿沼市・35歳・飲食業の出会い系サイト体験談】